海外&国内のお出かけ日記
2017 夏のヒルトン小田原
2017年09月05日 (火) | 編集 |
和洋室 

気分的には昨年の台湾旅に行きたいところですが、この夏お出かけしたヒルトン小田原のご報告をささっと。
ヒルトンのサイトからキャンセル可のプランでスーペリアルームが1泊18,000円と日月にしてはリーズナブル。
HPCJの20%割引後に税金、サービス料、入湯税(150円×2)、リゾート管理費(1,100円×2)を加えたトータル金額が20,074円。ここからHPCJの1万円クーポンを使ったので約1万円でお泊まり。
2年振りの滞在になります。

無料のお水 

お部屋は期待通りの(笑)和洋室にアップグレード。
前回と同じお部屋なので詳細は割愛します(前回の記事はコチラ)。
無料のお水は3本でした。

ウエルカムギフトのバームクーヘン 

ウエルカムギフトは湘南ゴールドのバームクーヘン。
ヒルトン小田原のオリジナル商品のようで、同じお菓子がホテル内のヒルトンショップでも販売してました。
その場で食べなくてもお持ち帰り出来るのが嬉しい。
柑橘系の香りで美味しかったです。

UCCのドリップコーヒーなど 

UCCのモカコーヒー、紅茶・緑茶のティーパックは各4つ。

ワイングラスが無くなった 

コーヒーカップとグラス類。
以前はワイングラスも置いてたのに無くなっちゃった。

浴衣・・・ 

そしてお寝巻きが浴衣に・・・
浴衣ってはだけるから苦手なんですよねえ。

アメニティが変わりました 

アメニティはクラブツリー&イヴリンに変わってました。

それからバーデゾーンがリニューアルしましたが、休憩するエリアが増えた程度かな?という印象。
あとロッカールームは綺麗になったけど更衣室が少なくなりましたね。

朝食 

朝、朝食会場のフローラへ向かうとご覧のように待ち人がズラリ。
この時は日月の滞在でしたが、週末はもっと混むんでしょうねえ。
お部屋番号でHHオナーズメンバーである事を確認されたので、窓側のソファー席に案内して頂きました。

スムージー 

この日のスムージーはマンゴーとバナナのミックス。

海鮮丼コーナー 

2年前には無かった海鮮丼コーナー。
これ楽しみだったんですよねえ。酢飯も用意されています。

海鮮丼 

マグロ・とびっこ・イカ・しらす・鯵のなめろうをのっけた海鮮丼を作りました!

頂きます 

ただ海鮮丼コーナーが出来たこともあって、全体的なおかずの種類は減った感じがしました。
頂きまーす。

朝食第2弾 

でもパンも食べたいのよね(笑)。
朝食第2弾です。

持ち帰り可のレモネード 

レストランの出口付近にはテイクアウトのドリンクサービスも。
この小田原レモネードがサッパリしてて、食後にちょうど良かったです。

レイトチェックアウトで14時まで滞在出来たので、朝食後も温泉入ったりしてだらだら過ごしました。
夫も久し振りのヒルトン小田原でリフレッシュ出来たようで良かった。
また行こうっと。

テーマ:ホテル
ジャンル:旅行
夏休みは台湾♪
2017年08月22日 (火) | 編集 |
台湾スイーツ 

今年の夏休みは台湾にお出かけ♪
一週間の滞在だったので台湾スイーツ(主にマンゴー)を堪能出来ました。
台湾はお安くヘルシーなスイーツが気軽に食べられるのがいいですよねえ。
滞在中は毎日晴天で最高気温も33~35℃の酷暑だったので、かき氷は最高に美味しかったです。

高雄LRT 

今回は高雄から台北を回って来ましたが詳細のご報告はとっても先になりそうなので(汗)、最新の情報だけ少し。
高雄では新たな交通機関、ライトレール(LRT)が建設中。
将来的には高雄市内を環状運転する計画になっていています。

駁二大義站 

8月現在、前鎮區の籬仔內站(C1)から鹽埕區の駁二大義站(C12)まで開通しています
本格的に開通した際にはiPass(一卡通)というICカードをかざして乗車するようですが、まだ暫定開業のため無料で乗車出来ました。
予定では今年11月から30元(約110円)を徴収するようです

車内 

車内の様子。
週末ということもあって始発の段階で満席です。
乗車もしくは降車の際はドアにあるボタンを押してドアを開閉する手動式なので、自動では開閉しません。
思ったよりもスピード出るし、急ブレーキをかける時もあったりするので、乗車中はつり革や手すりにつかまっていたほうが安全ですね。

微風山丘(サニーヒルズ) 

ちなみに駁二大義站は駁二芸術特区(The Pier-2)の目の前。
ここは旧倉庫街をリノベーションした複合アートスペースになっていて、パイナップルケーキで有名な微熱山丘(サニーヒルズ)も入っています。

試食のパイナップルケーキ 

ここでも台北の本店と同じようにパイナップルケーキとお茶がサービスで頂けます。本当に太っ腹ですねえ。
ライトレールに乗って駁二芸術特区(The Pier-2)を散策するのはお薦めです。

テーマ:台湾旅行
ジャンル:旅行