海外&国内のお出かけ日記
2015.8 ホーチミン&香港 彌敦粥麵家
2017年02月17日 (金) | 編集 |
佐敦(ジョーダン)ぶらぶら 

香港でのお宿は佐敦(ジョーダン)のノボテル・ネイザンロード・カオルーン。
別途ご紹介しますが、ホテルのカクテルタイムをしばし満喫後に街をぶらぶらすることにしました。

歩きやすーい 

ホーチミンから来たこともあって街が歩きやすい!
普通に道路を横断出来るって素晴らしいわ。
この近辺に滞在するのは初めてだけど、夜でも賑やかで安全な雰囲気。
有名な飲食店も多いし。

ノボテルの向かい 

小腹が空いたのでノボテルの向かいにあるお粥屋さんへ行くことにしました。
西貢街という路地に入ってすぐ。「彌敦粥麵家」です。

彌敦粥麵家 

こじんまりとしたローカルレストランですが、1964年創業の歴史あるお店らしい。

メニュー 
卓上のメニュー(クリックすると大きくなります)。

日本語メニュー 

ちゃあんと日本語のメニューも用意されてました。

日本語メニュー 

こっちは麺類。
お粥と麺を各1つと揚げパンを注文しました。

揚げパン 

お粥用の揚げパン(10HK$)が先に運ばれ。

このスープは・・・ 

全部揃ったところを記念撮影。
で、ココでちょっと疑問。
注文したのはお粥と麺なのに何故スープが付いてるのだろう?
どんな品でもスープがサービスされるのかな?
と食べようとしたところでお店の人がお料理を持ってきました。
いえいえ、それは頼んでいませんよ、と断ったらスープも一緒に下げられました。
よかった、口を付ける前で。
夫は貰えばよかったのに、とプリプリしてましたが(爆)。

海老ワンタン麺 

海老ワンタン麺(30HK$)。
ワンタンが麺に隠れちゃってるけど、全部で4つ入ってました。
香港の麺はガムみたいに固いのが苦手ですが、ここのはそこまで固くなくて食べやすかった。
ワンタンは海老がごろっと入って美味しい。

お粥 

魚の薄きりと肉団子入りのお粥(35HK$)。
お粥って何を注文してもビジュアルが地味ですよね(笑)。
でも濃厚なオダシが効いてとろっとろ~。
香港に来たら1回はお粥を食べないと気が済まないです。
全部で75HK$のお支払いだったので当時のレートで1,200円位かな?昔はもっとお得感あったけど。
ちなみに香港で外食したのはここだけ(爆)。

メローナ 

お店の並びにあったセブンイレブンでメローナ売ってたので購入。
韓国のアイスだけどサイパンやハワイで食べることが多かったので、私の中ではアメリカのアイスとして刷り込まれております(笑)。
久し振りのメローナおいちい~
関連記事
テーマ:海外旅行記
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可