FC2ブログ
海外&国内のお出かけ日記
四大陸フィギュアスケート選手権~男子フリー
2014年02月03日 (月) | 編集 |
第2グループの練習中 

翌日の男子フリーは17:35~でしたが、終了時間が遅いのは分かっていたので早めの夕食を食べてからのんびり会場入り。
会場前のスクリーンでは第2グループの6分間練習の様子が映し出されています。急がなくっちゃ!

ジャッジ側の席 

今回の座席はジャッジ後ろのブロック。
前日の女子ショートに比べるとお客さん入ってると思います。
まずは出来るだけ前のほうの座席を確保。 

ジャッジ席 

ジャッジ席を上から眺めることもめったにない経験。
どんな風に点数付けるかチェックしようかな~、と思ってはみたものの、実際に演技が始まると演技に見入ってしまいますね。
また前方席は特に熱心な日本人ファンが多くて、思うところもあり結局離れた席に移動することにしました。

刑事君 

日本人トップの滑走は田中刑事選手(つい田中デカって言っちゃう・笑)。
お母様が台湾の方とあって第2のホームになるんでしょうが、シニア国際大会の出場が初めてとあってガッチガチな感じ。
見栄えもするしもっと出来る子だと思うので、今後に期待!です。

第3グループ 

続いて第3グループ。
自宅に戻って録画を見たら地上波で放送されたのは最終グループだけで、このグループなんて無視でしたよね。テレビで見るの楽しみにしてたのになー。
カルーザなんて南国フィリピンの選手とは思えないほど端正な滑りで、演技終了後にはスタオベしてる人も多かった。
でも得点はあまり伸びず総合順位は12位。

アダム・リッポン 

アメリカのアダム.リッポンも何気にお気に入りなんですけど、彼もソチ五輪には行けないのよね。
楽しみにしていたリッポン・ルッツ(両手上げのルッツジャンプ)も最初はバランス崩してたし。
出来栄え点を上げるためにやってるんだろうけど裏目に出ることが多くて少々残念な感じ(総合8位)。

ミーシャ・ジー 

第3G最終滑走はウズベキスタン代表のミーシャ・ジー。
フリーの曲で3シーズン前の高橋大輔選手のマンボ(ウッ!)に変わると会場から大歓声(パブロフの犬みたいな・笑)。
ただ技術が追いついてないし、音楽と滑りもいまいち合ってない感じでね(大ちゃんの滑りを思い出すからかも)。
本人はノリノリで実際面白いので会場盛り上がってたけど、さすがにフィニッシュでガッツポーズが出た時は(君転んでたよね?)と不思議に思いました(爆)。
ソチ五輪に出るようなので、違った意味で期待しちゃいます(総合14位)。

最終グループ 

いよいよ最終グループの登場!
ミーシャが緩くした空気が一気に変わりました。 

デニス・テン 

このグループで唯一ソチ五輪に出場するデニス・テン君。
前回の世界選手権で2位と素晴らしい成績を残したものの、ケガのため今シーズンは不調。
4回転決まった~、と思ったら転倒!
でも今出来ることをしっかりやり遂げた感はありました。
ソチ五輪での演技を期待してますよー(総合4位)。 

リチャード・ドーンブッシュ 

アメリカ代表リチャード・ドーンブッシュ。
リッポン同様、両手上げの3回転ルッツがバッチリ決まってた(リッポンよりも)。
後半お疲れな感じで総合5位。 

無良選手 

ショート1位の無良選手。
日本男子6強の中で今シーズン出遅れ感満載でしたが、やっとここで盛り返してきました。
4回転決まった!3回転アクセル高いっ!
ここまでの選手に比べると別格の演技でしたが、さすがに後半はバテバテだったかな。
それでもまとめて総合1位。おめでとー。 

背中ポン 

全日本3位ながらソチ五輪派遣ならず(なんで世界選手権にも派遣しないんだろうねー)傷心の小塚選手。
彼のスケーティングを生で見るのを一番の楽しみにしていました。 

フリーではトップでした 

冒頭の4回転は両足着氷だったかな。
でもツルツル滑っていくスケーティングが素晴らしい~。足捌きが見事で惚れ惚れしました。
フリーの得点はトップでしたが技術点が意外に伸びず。
あとでプロトコル見たら4回転はたったの2.1点しか貰えてないんですよね(転倒してないのに!)。
この時点で2位。

ナン・ソン 

最終滑走は中国のナン・ソン。
カーディガン羽織って居間で読書してるような雰囲気ですが、こういう感じもキライじゃない(笑)。
以前ミキティが世界女王になった時のショートの曲で、なんかウルウルしてしまいました。
途中、抜けてしまったジャンプはあったけど4回転も綺麗に決まって素晴らしい演技だったと思います。こづ君に一歩及びませんでしたが僅差で3位。

優勝インタビュー 

表彰式の準備が整うまでインタビューを受けるムラ君。
台北で何をしたい?と聞かれて『小籠包を食べたい。』と答えておりました。
この後に鼎泰豊にでも行ったかな?

抱き合うムラムラとこづ 

表彰式の前に抱き合うムラ君にこづ君。
本当に日本男子って仲いいよね~。微笑ましいです。 

表彰式が始まりました 

表彰式が始まる前のスタンバイ。
1人ずつコールされます。 

1位から呼ばれます 

最初は1位のムラ君が呼ばれ、観客に挨拶後表彰台に上がります。

何故か座ってるナン・ソン 

お次は2位のこづ君ですが・・・
さっきまで立ってたナンソンがちゃっかり椅子に座っております。不思議な子だ(笑)。

表彰式 

表彰式。
ワンツーが日本人って嬉しいですよね。
 
君が代が流れました 

国旗掲揚に併せて君が代が流れます。
もちろん私も一緒に歌わせてもらいました。

ウイニングラン 

会場を周ってきた時には『おめでとー!』とお声がけしました。
元々、四大陸には織田信成選手が派遣されるはずだったのに、全日本で引退したので代わりに派遣されたのが無良選手だったんですよね。
補欠選手が優勝するって、どんだけ日本男子の層が厚いんだって話ですよ。
小塚選手も現役続行を宣言してくれたし、日本男子はまだまだ衰えを知らなそうです。 

3ショット 

3ショットの撮影中。
いい顔してますね~。 

ナン・ソン一人ぼっち 

この後、カメラマンさんからムラ・こづの2ショットのリクエストがあったようで、1人自由になったナン・ソン。

自由なナン・ソン 

自由過ぎるナン・ソンの事がちょっと好きになってしまいました(笑)。
テレビ放送では見られない姿を見ることが出来るので生観戦は楽しいですね。

最後は女子フリーです♪
関連記事
テーマ:フィギュアスケート
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可