海外&国内のお出かけ日記
ロイヤルシーズンズホテル台北
2012年02月09日 (木) | 編集 |

 ロイヤル シーズンズホテル台北 

台北でのお宿はロイヤルシーズンズホテル台北(皇家季節酒店台北館)
最寄のMRT中山駅からは徒歩10分以上歩きますが台北のアメ横、迪化街やナイトマーケットの寧夏夜市へは徒歩5分ほど。
この辺りのエリアに魅力を感じ、お向かいの城市商旅(シティスイーツ)と迷ったのですが、ジャグジーバスがあること、MRTの中山駅・台北駅・西門駅へのシャトルバスがあること、そしてクチコミの評判が良かったこともあってこちらにしました。

フロント 

フロントはこじんまり。
フロントのスタッフさんは事務的な感じだったけど、ホテル前に待機してるスタッフさんはフレンドリーで、タクシー利用するときは必ず行き先をドライバーさんに伝えてくれます(日本語の出来るスタッフさんもいらっしゃいます)。
今回は出発時間とずれていて利用しませんでしたが、3連泊以上のゲストには松山空港までのお見送りサービスもありました(9:00、11:00、15:00)。

ビジネスセンター 

フロントのお隣にはビジネスセンター。
無料のドリンク以外に数台のコンピュータが置かれ24時間無料で使用可。プリンターもあります。

エグゼクティブルーム 

コーナールームだとゆとりがありそうだったのですが、ベッドがひとつしかないのが許せず(爆)エグゼクティブルームにしました。
広さは33平米とのことですが、やや手狭な印象。ベッド幅はシングルサイズより気持ちだけ広い105cm。
窓側に設置されたカウチはベッドとの間が狭すぎて、荷物の置き場位しか利用出来ませんでした。

ベッドの向かい 

ベッドの向かい側。
クローゼットの中にはセーフティボックスにふかふかスリッパ。バスローブも用意されています。
壁掛けの液晶テレビは多チャンネル。日本のドラマも数多く放送され(家政婦のミタさんなど)特に嬉しかったのが見逃していた『謎解きはディナーの後で』が見れたこと。
全館無線LANが引いてありネット接続は無料です。

可愛いティーセットなど 

無料のお水は2本セット。毎日2本ずつ補充されますが、一度ターンダウン時にも新しいお水を置いてくれたことがありました。
コーヒーカップ以外にティーセットがあるのが台湾らしい。
冷蔵庫にある缶ジュースは10元と、こちらもリーズナブルです。

バスルームのアメニティ 

こちらはバスルームのアメニティ。
シャンプー類やハンドソープはロクシタン。
歯ブラシやレザーなどは木箱の中に入ってます。

シャワーブースにジャグジーバス 

シャワーブースにジャグジーバス。
トイレもウォシュレット付きなので日本人向けによく出来てると思います。

何故・・・ 

がっ!どうして最近のホテルはガラス張りなんでしょうかっ!!
ロールスクリーンが付いてるので降ろせば大丈夫と思ってたんだけど、このスクリーンがけっこうスケスケ。
なんでやね~ん(涙)。

七色に光ります(笑) 

でもせっかくのジャグジーなので使いたい。
お部屋を明るくしてバスルームを暗くするとお部屋から見えづらくなったので、ジャグジーのスイッチオン!
なんと七色に光り輝きます(爆)。
小さなお子ちゃまだと喜びそうだけどね。

階段の上がラウンジです 

宿泊ゲストは無料の朝食付き(7:00~10:00)。
最上階14Fのダイニングルームラウンジで頂きますがエレベーターが13Fまでしかない。
とりあえず13Fで降りると階段めっけ。

ダイニングルーム・ラウンジ 

白いテーブルクロスがかけられ清潔な雰囲気のラウンジ。
初日はローカルの方が多かったけど、年明けは日本人ゲストのほうが多くなりました。 

朝食コーヒーマシンもあります

朝食はブッフェ形式。
御飯にお味噌汁にお新香類。台湾らしくお粥もあります。
温かいお料理はソーセージにベーコン、スクランブエッグなど一般的なものに加え、中華風の野菜炒めや煮物など。あと日本そばやマカロニなど日替わりでヌードルが用意されていました。
パンは食パンにくるみパンやメロンパンなど数種類。サラダにフルーツと種類はそれほど多くはないけど、なんといっても無料サービスですからね。
初日はお粥とお惣菜を頂いてフルーツとカプチーノで〆。
シンプルだけどお味は悪くなかったので毎朝ここで朝食を頂きました。


今回の滞在。年末年始でしたが特に料金アップすることもなく楽天トラベルから14日前の早割プランで1泊3,135元。
円高ということもあってカード請求額は3泊で24,364円でした。
1泊8,000円ちょっとで上記のお部屋&サービスならまた利用したいところですが、ガラス張りのお風呂がねー。
しっかり目隠ししてくれるスクリーンを設置してくれなければ次の滞在はビミョーです(笑)。

関連記事
テーマ:台湾旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可