海外&国内のお出かけ日記
Causeway353Hotel@メルボルン
2011年08月30日 (火) | 編集 |

旅行時のホテル選びについて少々。
我が家はヒルトンのゴールド会員なので、行き先にヒルトンがあればもちろん候補に上がります。
でも行き先にヒルトンが無かったり、(我が家にとって)辺鄙な場所にある場合は、即リサーチ開始!
便利な場所にあって清潔なお部屋が希望なので、なるべく築年数の浅い、もしくはリニューアルしたホテル、そしてリーズナブルなら言うことなし(笑)。
メルボルンにはヒルトンが2軒ありましたが場所的に却下。
で、上記の希望を満たすホテルで見つけたのが“Causeway353Hotel” です。

ガイドブックなどではまだ紹介されてないけど、2008年に出来た比較的新しい市内中心部にあるホテルで宿泊者は無料のコンチネンタルブレックファスト付き。
カフェで朝食取るのもいいかな、とも思うけど物価の高いメルボルン。
サンドイッチにコーヒーだけでも軽く10ドルは超えてしまうし、時間の無い朝はホテル内で取れたほうが楽だしねー。
日本人のクチコミは少なかったけど泊まった方達の評判が高かったことも決め手でした。
ホテルの直サイトやホテル予約サイトを比較して一番お値打ちだったオクトパストラベルの4泊目無料のプランを予約。デラックスルーム4泊で39,200円。4日前までならキャンセル料も不要でした。

Causeway 353 Hotel 

メルボルン空港からホテルまではタクシー利用で約30分(市内までのシャトルバスもあります)。高速料金なども含めて57ドルお支払いしました。
ホテルは市内中心部のリトルコリンズストリートに面して建っています。

ホテル入り口は路地を入ったところ 

路地を入った右手奥に見える緑の看板がホテルの入り口。
到着日は土曜日だったので入り口前までタクシーで連れてってもらいましたが・・・

カフェストリートに変身  

この路地がウイークデーにはカフェストリートに早変わり♪
ウイークデーは路地の入り口までしか送ってもらえないので、初めての人だとまごまごしちゃうかも(雰囲気はこっちのほうがいいけどね)。

フロント 

ホテルのフロント。
ロビーもとっても小さくて一瞬不安な気持ちになりました(爆)。
ただ事前情報では知らなかったのですが、フロントに日本人男性スタッフさんがっ!常にいらっしゃるわけではないけど、やっぱり心強いですよね。
チェックインタイムまではまだまだでしたが、すぐにお部屋のキーを頂けたこともポイントアップ!

お部屋は8階 

エレベーターはカードキーを差し込んで階数ボタンを押します。
滞在前、なるべく高層階でバスタブ付きの禁煙ルームのリクエストをメールしておいたせいかお部屋は8階です。

ベッドはひとつ・・・ 

げっ、ベッドがひとつ・・・
思わぬ誤算だったけど、マットレス2つをくっつけてるタイプ(2メートル幅)だったので、普通に眠れました。

シンプルなお部屋です。 

こちらはベッドの向かい側。
デスクにソファなど。テレビも液晶なのでスッキリしています。
実はベッドがひとつだった時点でお部屋の交換をお願いしようかと思ったんだけど、写真で見たツインルームより広かったのでこのまま使うことにしたのです。

お部屋からの眺め 

お部屋からの眺め。
中心部のホテルなので眺めは諦めてましたが、低層階だったらもっと圧迫感があったと思います。

入り口側 

お部屋の入り口側。
入って右手はクローゼットやミニバー。スーツケースも十分に広げられます。

電子レンジもあります 

扉を開けると無料のインスタントコーヒーにティーパック。コーヒーカップにワイングラスも揃っています。
この下にはミニ冷蔵庫があり、600mlのミネラルウォーターは毎日1本サービス。
クローゼット内にはセーフティボックスにアイロン。
またこのクラスのホテルには珍しくバスローブに、ふかふかスリッパも用意されています。更に電子レンジまで。素晴らしいですっ!

バスルーム 

続いてバスルーム。
バスタブ無しのお部屋もあるようだったのでバスタブ付きのリクエストも適いました。
シャワーカーテンはなくてガラス扉のみなので水漏れ必至(爆)。シャワーは固定式だったけどお湯の出は良かったです。

アメニティ 

アメニティはシャンプー、コンディショナー、バスジェルにシャワーキャップ程度。
タオルは3種類2セットずつ用意されていました。 

朝食はこちらで 

朝食は地下のレストラン“Sotto”で6:30~11:00まで頂けます。

ハムにチーズなど 

コンチネンタルなのでハムやチーズにシリアルなど。

パンにフルーツ 

フルーツにクロワッサン、デニッシュ。
トースト系のパンはトースターの横に用意されています。

豆乳もあります 

ジュースは3種類。牛乳に豆乳もあります。

コーヒーマシン 

こちらのコーヒーマシンも種類豊富。
エスプレッソにカプチーノ、カフェラテに加えホットチョコレートやモカチーノ(チョコレートとコーヒーを同量で入れたものに泡立てたミルクを入れたもの)など頂けます。

コーヒーが美味しい 

スプーンでハート型を作ってみました(へたくそですね・笑)。
シンプルな朝ごはんですが、マシンで淹れるコーヒーとクロワッサンが美味しくて、結局毎朝こちらで頂くことに。
また追加料金を払えば温かいお料理を作ってもらうことも可能でした。

全体的なホテルの感想ですが、特筆すべくはやはり立地!
駅やトラム乗り場が近いので郊外へ出かける場合も簡単だし、繁華街がすぐなので街歩きが楽しいし夜遅くなっても平気な感じ(ちょっと歩いたところにスーパーもあります)。
今回は利用しませんでしたがジムやサウナなどもあるし、お部屋の備品なども含めてここお値段以上の価値があると思いました。
ゴージャス感を求める方にはお勧めしませんが、次にまたメルボルン来ることがあったら、このホテルでいいかも♪

関連記事
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
お値段以上♪
もんさん、こんばんは~

お久しぶりっこです!
今年も暑いわ、節電だわで過酷な夏でしたね。
体調いかがですか?

メルボルン。行ったことないけど友達がワーホリしていて、いい街だって言ってたナー。
新しいホテルいいよね。今時の内装とサービスで。

ソウルとかアジアみたいに安くて美味しい朝食なら
いいけど物価の高い街は、無料朝食必須ですね。

カンタスの国内線ラウンジってすごいのねー。
国内線なのに、自動パンケーキはわたしもツボだわ(笑)
2011/09/02(Fri) 00:37 | URL  | まのあ #cxYzK9gg[ 編集]
まのあさんへ Re: お値段以上♪
まのあさん、おひさっ。
ご無沙汰でございました★

お気遣いありがとうございますー。
旅行前はだら~りとしてましたが、オーストラリア旅行がいいリフレッシュになりました。
現地は涼しかったし帰国時の日本はなんと22℃だったし。
今は元気満タンですよん。

今夏は前半が特に暑かったですよね。
節電のほうも昨年同月比で25%減を達成しましたわ。やれば出来るものね(笑)。

> メルボルン。行ったことないけど友達がワーホリしていて、いい街だって言ってたナー。
そうそう、メルボルンってワーホリとか留学で行かれてる日本人が多いですよね。逆に普通に旅行されてる人のの情報は少なかったです。世界で一番暮らしやすい都市にも選ばれてるし、ホント長期滞在したい街でした。

> 新しいホテルいいよね。今時の内装とサービスで。
最近は日本でも老舗の高級ホテルより新しいビジホのほうが居心地が良かったりしますよね。
ここは御値段以上の価値があったと思います。

> カンタスの国内線ラウンジってすごいのねー。
> 国内線なのに、自動パンケーキはわたしもツボだわ(笑)
ねー。国際線じゃなくて国内線だもの。
パンケーキマシンはあったら嬉しいよねー。
日本国内のラウンジにもあったら嬉しいけど、大行列になっちゃうかも!
2011/09/02(Fri) 17:18 | URL  | もん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可