海外&国内のお出かけ日記
渡辺うどん@山梨
2010年04月16日 (金) | 編集 |
渡辺うどん 

3月の連休は山梨&静岡へドライブ旅行♪

山梨の麺料理と言えば“ほうとう”が有名ですが、意外に知名度があるのが“吉田のうどん”。今回お泊まりする場所の近くにこの“吉田のうどん”の有名店があったのでランチに決定!

しかしカーナビに誘導してもらったけど一発では辿りつけず。たぶんこの辺り・・・と引き返して、ようやくお店の看板を見つけました。山梨県南都留郡忍野村にある『渡辺うどん』です。

店内 

12時前に到着しましたが店内は大賑わい。『美味しんぼ』の第80巻で紹介されてることもあって地元の方以外のお客さんも多そうです。

ただ既に食事を終えて出られる方もいらっしゃったので待つことはなく靴を脱いでテーブルへ。お水や座布団はセルフサービスです。

手打ちです

カウンターの奥でうどんを手打ちする様子が拝見出来ます。

吉田のうどんは山梨県富士吉田市及び郡内地方で食べられていて、農林水産省が各地に伝わるふるさとの味の中から選定した『農山漁村の郷土料理百選』のひとつにも選ばれているそうです

メニュー 

メニュー(クリックすると大きくなります)

うどんのみでご飯ものは一切ありませんが、うどんは300~650円とリーズナブルです。

肉玉うどん 

肉玉うどん。大・中・小とあり、こちらは中サイズで500円。

茹でキャベツ、油揚げ、ワカメ、生卵、そしてお肉は牛肉じゃなくて馬肉!よくこのお値段で出せるな~、とびっくりです。

天かす 

各テーブルには天かす、辛子味噌、山椒などが置いてあります。最初は何も入れずに食べていたらお店のおばちゃまがテーブルにやってきて『これを入れると美味しいよ』と辛子味噌を勧めてくれました。

肉つけうどん 

生卵は苦手なので私は卵が入らない肉つけ冷やしうどん(中)にしました。こちらも400円と超リーズナブル。

味噌風味のお出汁の中には同じく油揚げと甘辛く煮た馬肉が入っています。お出汁は優しい味わいなので辛子味噌を入れると程良いパンチの効いたお味に変身。

初めて食べました! 

うどんは極太で不揃い。初めて食べましたが腰があるというか歯応えめちゃくちゃアリ。讃岐うどんとも一線を画すうどんです。

うどんが主張し過ぎてお出汁とあまり噛み合わない印象をうけますが、これはこれでありなのかな。噛まなくても食べられる柔らか~い九州のうどんで育った私としては、このうどんを受け入れるのに時間が必要な感じだけど昔のうどんってきっとこんな感じだったのでしょうね。またこれで経験値が増えました。

関連記事
テーマ:国内旅行記
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可