FC2ブログ
海外&国内のお出かけ日記
2014夏ペナン&香港~香港からペナンへ
2014年08月23日 (土) | 編集 |
WING

香港到着後は≪Transfer≫の標識に従って進み、乗換口でペナンまでの搭乗券とパスポートを見せたらセキュリティチェックをして通過するだけ。
昨年も経験してるのでさくさくっと乗継出来ましたが、この時点でペナン行きの搭乗ゲートはまだ決まってませんでした。
とりあえず乗換口から一番近かったキャセイのラウンジ≪WING≫へ。

ヌードルバー 

しばしラウンジ内で時間をつぶしてからヌードルバーへ移動。
機内食もこなれてきた頃だし(爆)。

ページャー 

カウンターでオーダーするとページャーが渡され、出来上がると光って知らせてくれます。

炒飯や点心など 

ヌードル以外にも点心や炒飯なども並んでいます。

坦々麺とワンタン麺 

坦々麺とワンタン麺が出来上がりました。
昨年は食べる余裕が無かったので、こちらで麺を頂くのは6年振り。
あいかわらずここの坦々麺は美味しい!
サイズが小さいのであっという間に完食~。 

コーヒーロフト 

こちらはラウンジ内のコーヒーロフト。
街中のカフェのようにサンドイッチや焼きたてのペストリー類が並んでいて、どれも美味しそう~。 

椅子もいっぱい

コーヒーもバリスタさんが淹れてくれます。
新聞や雑誌も豊富で、ここでのんびりするのも悪くなさそうだけど、さすがにお腹いっぱいでパス。
香港のキャセイラウンジはホント充実してるわ~。
ワンワールドのサファイア以上ならラウンジ満喫してエコノミーで移動するほうが賢いかも。

16番ゲート 

ラウンジのモニターをチェックしたら、ペナン便のゲートが決まったので早めに移動することにしました。
搭乗ゲートに来たら、出発時刻が少し遅れてる(だからゲートが決まらなかったのね)。
ゲート前にラウンジがあったので時間まで待たせてもらうことにしました。
 
16番ゲート前のラウンジ 

香港ドラゴン航空のG16ラウンジ。
明るくて開放感がありますね。
ここからゲートの様子も見えるので安心して待たせてもらいましょう。

ドリンクコーナー 

せっかくなのでラウンジ内を散策。
ドリンクコーナーには洋酒・ワイン・ビール・ジュース類が並んでいます。

温かいお料理 

温かいお料理やスープも。

ヌードルバー 

ここにもヌードルバーがあるんですね。
ワンタン麺や豚の角煮?が乗ってる麺など全部で4種類。
キャセイラウンジのより大振りの器で提供されていました。
こちらでは一切飲み食いしなかったのでお味のほうは不明。

初めての香港ドラゴン航空 

ラウンジから搭乗口を見ると人が並びだしました。
お初の香港ドラゴン航空に乗り込みましょう。 

新リージョナルシート 

キャセイと同じく新型のリージョナルシート。
2-2-2の配列で空席もちらほら。 

ドラゴンサンライズ
 

離陸前のウエルカムドリンクはドラゴンサンライズを。
ジンとフレッシュグアバとレモンジュースのカクテルのようですが、ほぼジュース(笑)。
これならアルコールに弱い方でも大丈夫かな。
 
しらゆき姫殺人事件 

この日、2本目の映画は「白ゆき姫殺人事件」を鑑賞。
美人OL殺人事件をめぐって地味なOLがネットやマスコミ報道を通して容疑者にされる、という今の時代を反映したお話。
登場人物が全員自己中心で共感出来る部分は少なかったけど考えさせられる点はありました。
私もネット情報を鵜呑みにはしないけど、面白おかしく友人に話したり、嘘をつこうと思っていなくても自分に都合がいいよう物事を捉えてしまうのはありがちですもんね。
あと、この映画での綾野剛がダメ男で残念。彼には「カーネーション」の周防さんみたいな寡黙な役をまたやって欲しいのよ~!
そんな事を思いながら見ていたらドリンクの注文を取りにこられました。
キャセイと違ってドリンクはワゴンサービスじゃないのね。

フレッシュフルーツ 

まずはフレッシュフルーツから。
あんまりお腹空いてないからサッパリしてちょうど良かった。 

メインは2種類 

メインは2種類。
チキンの煮込みにパスタ添えと 

焼きそば 

牛肉と野菜の焼きそば。
お味見したけど、これはイマイチ。

ハーゲンダッツ 

しかし再びのハーゲンダッツは別腹。
キャセイと違う種類が搭載されてたのでキャラメルビスケット&クリームをチョイス。
これ日本でも発売されてましたっけ?
甘さ濃厚で美味しいけど今日1日でかなりのカロリーを摂取したかも(汗)。

お初のマレーシア 

初めての香港ドラゴン航空。
キャセイとあまり変わらないシート&サービスですが、この日はFAさんの(早く片付けたい)というのが見え見えで慌しかったのが少し残念でした。 
さあ、お初のペナン島は間もなく!

テーマ:海外旅行記
ジャンル:旅行
2014夏ペナン&香港~成田から香港へ
2014年08月20日 (水) | 編集 |
夏休みは涼しい場所で過ごしたいと思っいるのですが、特典航空券でも燃油チャージを取られるのがネックなんですよね~。
という訳で比較的、燃油チャージの少ない地域の中からチョイスしたのはマレーシアのペナン島。
ペナンへ行く場合はクアラルンプールで乗り換えるのが一般的ですが、キャセイを利用すれば同じ乗継1回でペナンまで行けちゃう。これだと別途ペナンまでの航空券を購入することもないので予算重視の我が家にはピッタリ(笑)。
ペナンまでの必要マイルはビジネスクラスで63000マイル。税金&燃油チャージは22,380円でした(×2名分)。

※予約した時は香港~ペナンもキャセイでしたが、今年春からキャセイの子会社、香港ドラゴン航空に移管されました。

成田空港 

出発は成田空港から。
今回はキャセイだからJALさんのファストトラックは利用出来ないのね・・と思っていたら、ワンワールド用のファストトラックもいつの間にか出来ていました。

サクララウンジ 

チェックインの際にキャセイラウンジのインビを頂きましたが、大したことは無さそうなのでサクララウンジのダイニングへ(爆)。

出発前は和朝食 

海外へ行く前は、ほかほかご飯が食べたいもんね。
やまやの明太子でご飯が何杯でもいけそう。

スープがおいひい
 

でもメゾンカイザーのクロワッサンも食べたいのよね。
8月のスープは五郎島金時のヴィシソワーズと東京参鶏湯。
ヴィシソワーズがめちゃ旨ですっ!

機内 

CX509便は2-3-2配列の新型リージョナル(近距離・中距離フライト用)ビジネスクラス。
スマホ置き場もあって接続すれば充電はもちろん音楽や動画をパーソナルテレビで再生も出来ます(やらないけど)。
昨年搭乗したヘリンボーン型シートとは違いますが、リクライニングしても後ろに倒れないし、2人の旅行には話もしやすく機内食も分け合えて便利かと。

ウエルカムドリンク 

まずは離陸前のウエルカムドリンクを。
ラウンジでは飲まなかったのでシャンペンを頂きます。

ワインとおつまみ 

水平飛行になってからのドリンクサービス。
おつまみは柿ピー&豆のミックス。

機内食
 

パーソナルテレビにはリモコンもあるけどタッチパネルで簡単操作出来ます。
日本語対応の映画の中から監督:劇団ひとり、主演:大泉洋の「晴天の霹靂」を鑑賞。
ストーリー自体は意外性も無く有り触れた内容だけど、昭和の風景とクライマックスでの洋ちゃんのマジックは素晴らしかったですね~。
あと洋ちゃんと劇団ひとりが演芸場でマジックショーをやる場面が面白かった。
インド人と中国人という設定でコンビ名がペペとチンだもの。
10年くらい前?深夜にやってた「リチャードホール」の中国人コントを思い出しながら笑ってたら、機内食のサービスが始まりました。
数種類あるパンの中からガーリックトーストをチョイス。

海老ちゃん 

前菜のプレートはボイル海老のフルーツ添え。
ぷりぷりの海老ちゃんが美味しい。

サラダにお蕎麦 

サラダとお蕎麦。
これだけ見るとエコノミーの機内食みたいだけど、梅味のお蕎麦が意外といける!

お魚の照り焼き 

メインは3種類からワゴンサービス。
既にお腹いっぱいになってたので一番軽そうな和食メニューをチョイス。
完食は出来なかったけど、お魚(鰤だったか?)の照り焼きに紫蘇ご飯、煮物とも普通に美味しかったです。

豚肉料理 

夫は豚肉料理を。
これ酢豚みたいなお味だっかな。
あとメインはビーフステーキがありました。

フルーツ 

食事が終わるとチーズ&フルーツのサービス。
フルーツだけ貰ったけど、このメロン美味しかったです。

ハーゲンダッツ 

お腹いっぱいでもこれは別腹(笑)。
ハーゲンダッツも3種類あったので私はバニラ、夫はサマーベリーを。
このあとプラリネチョコのサービスもあり、あっという間に香港到着です!
テーマ:海外旅行記
ジャンル:旅行