FC2ブログ
海外&国内のお出かけ日記
2014.1台北ひとり旅~高雄五福&庄頭豆花担
2014年04月21日 (月) | 編集 |
淡水線で移動 

美味しい朝食を頂いた後は再びMRTの淡水線に乗車。
雙連駅で下車して向かったのは・・・

迪化街  
 
迪化街。
台北のアメ横とも言われるエリアですが、春節(旧正月)前なので買出しに訪れる台湾の人達で大賑わいです。

乾物を購入 

まずは≪百勝堂薬行≫さんでお茶請けを物色。
ここのドライ椎茸がお目当てでしたが、他にもさきいかやナッツ類を味見してたら欲しくなっちゃって。
お店のおじさんも少しは日本語が通じるので、量もこれくらいで、と伝えて無事に購入出来ました。

永楽商場
 

お次は永楽商場へ。

永久號 

お安く品質の良い天然からすみを扱ってると評判の≪永久號≫さん。
からすみがぶら下がってるので(もちろん偽物)すぐに発見。
自分ち用の一つしか購入しなかったけど、お店のご主人がからすみを照明にかざして色の良いのを選んでくれました。

阿田麺 

買い物を終えて雙連駅まで大通りじゃなく路地をてくてく歩いてると行列に遭遇。
スマホでチェックしたら老舗の麺料理屋さんなので入ってみようかな?と思ったけど、私にはディープ過ぎて断念。まだまだ修行が足りませんね。
歩く台北さんの記事ではD級グルメになってた(笑)。

高雄五福 

忠孝復興駅と忠孝敦化駅の中間にある≪高雄五福≫にやってきました(看板が木で隠れちゃってます)。
ジャッキー・チェンが台湾に来ると必ず寄るお店との事ですが、ほんまかいな? という外観です。

店内 

店頭が調理場になっていて中へ入っていきます。
ほとんど地元のお客さんっぽい。

ジャッキーやのりピーも来たらしい 

ジャッキーやのりピーが来店した時の写真もしっかり飾られております(のりピーなんて食べてる写真まで飾られてカワイソウ・・)。
まあ最近は来てないと思いますけどね(爆)。

伝票 

ワンタンは海老か豚肉のどちらかでスープ入りのと辛いのを選ぶ形で伝票にチェックしてお店の人に渡します。
お店のおばちゃんが「ワンタン?」「辛い?」「たけのこ?」とか聞いてきて、「はい、はい」と応えると、ワンタンに更に辛いワンタン、タケノコ料理やらがたくさん運ばれてくる、との事で身構えておりましたが、今回は1人だからか聞いてこなかったです。
でも1人怖い感じのおばちゃんがいたなー。

鮮蝦扁食湯 

鮮蝦扁食湯(70元)。
スープ入りの海老ワンタンです。
澄んだスープに海苔の香りがふんわり。
ヒラヒラと薄いワンタンはツルツルして美味しい。

魯肉飯 

魯肉飯(35元)。
これ見るからに濃い味付けでご飯と一緒に食べるにはいいかもしれないんだけど、肝心のご飯がまじゅいんですよ。ほとんど食べられずゴメンナサイでした。

ここを目当てに行く必要は無いけど軽くワンタンだけ食べたいという時に近くにいたら行くかな?という感じのお店かと。 

庄頭豆花担 

続いてやってきたのが≪庄頭豆花担≫。
普通の豆花に加えて黒豆を使った黒豆花も扱ってるスイーツ店です。
ここに来ることが前提でワンタン屋さんに行ったような感じだし(笑)。 

店内

店内はパステルカラーで花柄の入ったテーブルが乙女チック。
カフェっぽい雰囲気で可愛いですね。
私が伺った時間(12:30頃)は誰もいなくてガラ~ンとしてました。

ミックス豆花 

まずは豆花の種類と温かいのか、冷たいのかを決めます。
お店のお姉さんは日本語が上手なので、白豆花と黒豆花をハーフ・ハーフで、この日は暖かだったので冷たいにのにしてしてもらいました。
トッピングは何種類でもOKなようで小豆、タピオカ、芋圓をチョイス。一番高いトッピングの料金で値段が決まるようで、こちらは45元のお支払い。
白豆花も黒豆花、どっちも好きだけど黒豆花のほうがコクがあるかな。
フルフルした豆花と凍らせてある甘さ控えめのシロップがマッチして非常に満足感があります。
160円ほどでこんなに美味しい豆花が頂けるなんて嬉しい~

いきなり満席 

私が食べ始めてから急にお客さんが入ってきて、あっという間にお店は満席。
みんなお昼を食べてから来るのかな?
中年男性も1人で食べてたりして、この辺りは日本と感覚が違うのかも。
でもケーキ食べるより絶対にヘルシーだもんね。  
豆花の美味しさもさることながら清潔感のある可愛いお店なのもポイント高し。
ここはリピ決定!です。
テーマ:台湾旅行
ジャンル:旅行
2014.1台北ひとり旅~鼎元豆漿で朝ごはん
2014年04月19日 (土) | 編集 |
朝早くからオープンしてるカフェや 

軽めの朝食を食べたらすぐにお出かけ。
MRTの南京東路駅へ向かう途中には朝からオープンしてるカフェや 

行列が出来ているお店もあります 

行列が出来ているお店もあります。
こんなに並んでるんだからきっと美味しいんだろうな~。
気になるけど我慢我慢。

中正紀念堂駅の3番出口 

MRTを乗り継いで中正紀念堂駅にやってきました。
3番出口からUターンして金華街へてくてく。

鼎元豆漿 

お目当ての≪鼎元豆漿≫に到着。
盛園豆漿さんが場所と名前を変えてオープンされたお店のようですが、前を知らないので比較出来ません(爆)。
 
メニュー 
メニュー(クリックすると大きくなります)。

外帯(テイクアウト)は右側。
内用(店内で食べる人)は左側で注文します。 

指差し注文 

私が訪れた時間(朝10時頃)は外帯の人がほとんど。
オーダーシートもあるようですが、指差しでお店のおばちゃんも分かってくれました。

庶民の台所ですね 

庶民的な雰囲気のお店ですが以前に比べると綺麗になったみたい。
ディープ過ぎるお店は苦手なのですが、この位なら大丈夫。安心しました。 

目の前は学校です 

お店の目の前は学校。
グラウンドでは子供達が元気に運動中。 

鹹豆漿と韮菜包 

オーダーしたのは鹹豆漿(25元)と韮菜包(15元)。
これ2品で140円位ですよ。めちゃ安っ!

韮菜包 

前日、阜杭豆漿で食べた厚餅みたいのもあって惹かれたけど大きくて断念。
1人で食べられそうな
韮菜包にしましたが、これも結構デカイです(笑)。
お箸で割るとニラがめっさたっぷり。
おやきっぽい感じかな?と思ったけど、意外と皮も弾力があるんですよね。
なかなか美味しい。

鹹豆漿 

そして鹹豆漿はクセが無くて優しいお味。
お店に調味料が用意されてるので、物足りない人は自身で味付けするみたいですが、私はこのままがいいっ!
しっかりした味が好きな人は阜杭豆漿のほうが好きだと思うけど、私はこのアッサリ鹹豆漿が気に入りました。
韮菜包ともしっかり完食!
人気はあるけど並ばず普通に食せる環境もグーなので、ここもリピ決定です♪
テーマ:台湾旅行
ジャンル:旅行