FC2ブログ
海外&国内のお出かけ日記
春水堂~台北之家~百果園~吉軒茶語@台北
2013年04月25日 (木) | 編集 |

春水堂 

台北ではホテルの朝食は付けなかったので、ホテルからすぐの“春水堂”の南京店へ。
朝8:30オープンですが9時過ぎでもまだガラガラ~。

メニュー 
メニュー(クリックすると大きくなります)

日本語併記になってるので分かりやすいですね。
今回のお目当ては・・・

朝食メニュー 

左下に記載されている朝食メニュー。
飲み物を頼んだら飲み物代+55元で頂けるとの事。
たぶん一番安い飲み物が65元だから最低120元という意味なんだと思いますが、いまいち分かりずらい。
メニューにペンでチェックしてレジでお会計します。

タピオカミルクティーとグリーンティー 

タピオカ入りのミルクティー(75元)とグリーンティ(70元)をチョイスしたのでトータル255元のお支払い。
高雄で飲んだタピオカミルクティーは60元だったから台北のほうが少しお高いですね。
グリーンティはほんのり甘いけどサッパリ。
ここのタピオカは本当に美味しいと思います。

大根餅のセット 

こちらが大根餅の朝食セット。
目玉焼きはつぶれていて甘いタレが最初からかかっています。
大根餅は一口サイズなので食べやすい。もちもちして美味しいです。
サラダはいたってフツー。

里芋のお餅 

こちらは里芋のお餅。
見た目ほとんど変わらないけど、こっちのほうがモチモチしてたかな。
でも意外とボリュームがあって全部は食べられませんでした。
ガイドブックで必ず紹介されてるお店ですが、朝の時間帯は静かでのんびり出来るのでお薦めです。

台北之家 

午前中は近場のスーパーでお買い物。
お昼は「台湾料理じゃない普通の食事がしたい」という夫の強い希望がありFRAUで紹介されてた“台北之家”へ。
ロイヤル・タイペイの真向かいにあり、お部屋からも見えてたので気になってたのです。
ここは「非情城市」などを手がけた台湾映画界を代表する映画監督「侯考賢」がプロデュースした複合施設でミニシアターではちょっとレアな海外の映画を見ることも出来ます。
1979年まではアメリカ大使館として使われていたそうです。

雰囲気はグッド 

1Fのカフェ“珈琲時光”。
なんか写真で見ると美味しそうに見えるわあ(爆)。
口に合わなくてほとんど残してしまいましたが、雰囲気は悪くないのでお茶だけするにはよいかと思います。
小さいけど誠品書店も入っていて素敵な雑貨がけっこう揃っていました。

百果園 

お口直しにタクシーで“百果園”へ。
カーナビに住所入力して向かってもらいましたが、お店の前の道が一方通行なので分かりずらかったようです(車をバックして横付けしてくれました)。

カウンターでオーダー 

台北で一番と言われる高級フルーツパーラーですが思ったより地元の方が多かったかな。
オーダーしてからカットに入るので15分位待ちました。

フルーツ入りのお水 

セルフサービスのお水もフルーツ入り。
柑橘系のさっぱりお冷です。

マンゴーかき氷 

マンゴーかき氷(小サイズ160元)。
テーブルに置いた瞬間からマンゴーの甘い香りが♪
早速マンゴーを口に入れると上品だけどパンチの効いたマンゴーがウマーーーイ!アイスは甘さ控えめだけどねっとりしてマンゴーそのもの。
もう最高に美味しいっ!氷の部分は口休めですな(笑)。
マンゴーだけで言えば百果園さんのが一番美味しいと思いました。 

手作りジャム 

手作りジャム(250元)やドライマンゴー(100元)も防腐剤や着色料など一切使用してないとのこと。
お土産にマンゴージャムとドライマンゴー、蜂蜜を購入しましたが、JCBパスポートを見せたらジャムとドライマンゴーは10%引きになりました。

吉軒茶語 

マンゴーで大満足した後は“吉軒茶語”さんへ。
歩いても行けそうな距離だったけど雨が降ってたのでタクシーで向かいました(台湾はタクシーが激安なのでありがたい)。
こちらはオーナーが女性ということもあり茶器などがセンス良く並べられています。 お店の方も日本語が話せるので気になったお茶を色々テイスティングさせてもらいました。
ここお茶請けの種類も豊富だし茶缶も素敵なので贈答用にもよいかと。更にパイナップルケーキの有名店“微熱山丘SunnyHills”のパイナップルケーキも扱ってるのです。
今回は台北での時間があまり無かったので、ここで茶器とお茶、お茶請けの舞茸チップスにパイナップルケーキをまとめて購入出来てよかったです。

微熱山丘のパイナップルケーキ 

こちらが微熱山丘SunnyHillsのパイナップルケーキ(10個入り350元)。
1個がずっしりと重くて洋菓子みたい。クッキーの中に繊維まるまるのパイナップルが入ってる感じで、パイナップルケーキに思い入れの無い私でも美味しいと思いました。
しかもこのお店、今年の秋には表参道にも出店予定とか。
台湾ブーム来てますね~

テーマ:台湾旅行
ジャンル:旅行
神仙~冰讃~濟南鮮湯包@台北
2013年04月24日 (水) | 編集 |

神仙川味牛肉麺 

台湾高鉄では2人でお弁当1個を分けあったので少し小腹が空きました。
ホテルから徒歩5分ほどの“神仙川味牛肉麺”で遅めのランチです。
最寄りの駅は雙連駅になるのかな?
中山北路の國賓大飯店の向かい側にあります

店内 

「台北の牛肉麺ベスト10」に入ったお店とかで店内は清潔感があります。
パッと見狭いけど奥のほうに広いスペースがあって全部で70席はあるようです。

伝票 

注文はテーブルに置いてある伝票に記入してお店の方に渡すだけ。
日本語を話せる店員さんもいらっしゃいました。

神仙清燉牛肉麺  

神仙清燉牛肉麺(中・140元)。
店名にもなってる川味牛肉麺のほうがお薦めみたいだけど、辛いのが苦手な人がいるので辛くない清燉牛肉麺にしました。
お醤油ベースのスッキリしたお味でしっかりと煮込まれた牛肉はほろほろ。あと台湾は残念な感じの麺が多いけど、ここのはもちっとちゅるっとしています。麺だけでいえば今まで食べた台湾の麺の中で一番美味しいかも。
スープは以前頂いた“金春發牛肉店”のほうがタイプだけどね。 

清燉牛肉乾伴麺 

清燉牛肉乾伴麺(100元)。
台北ナビさんの記事
牛肉麺の冷やし中華と書いてあったので暑い時期にピッタリかな~、とオーダー。
がっ!これ麺が温かかったの(涙)。
けして美味しくないわけじゃないんだけど、思ってたのと違うのが残念で・・・
でも麺のもちもち感はこっちのほうがより感じられました。

高菜漬け? 

それからテーブルに置いてある高菜漬けを麺に加えると味にアクセントがついて美味しかったです。
今度こちらで頂くときは辛い麺にチャレンジしてみたい。

冰讃 

今回の旅では1日1マンゴーを課しているので(笑)“神仙”から歩いて5分ほどの“冰讃(ピンザン)”で食後のデザートを頂きます。

店内

マンゴーのない冬の期間(11~3月)は休業、営業はマンゴーのおいしい4~10月の間だけ営業しているかき氷屋さんなので期待大!
お客さんは地元の方と日本人観光客が半々位かな?テイクアウトされてる方も多かったです。

指差し注文

カウンターに写真のメニューがあるので指差しオーダー。
注文が入ってからマンゴーはカットしてました♪

マンゴー+雪花氷 

芒果雪花冰。
ミルク味のふわふわかき氷とマンゴーが合うーーー!
もうマンゴーが熟れ熟れでめちゃウマです。

溶けません 

店内はオープンエアということもあって(扇風機は回ってます)暑い中で食べる冷たいかき氷がより美味しい!
氷がすぐに溶けるんじゃないかと心配しましたが、雪花氷ってあまり溶けないですよね?
しかもこれで90元ですからね~。当時のレートで250円位だから価格破壊もいいとこ(笑)。リピ決定!

デパートをぶらぶら 

夕食は近場のデパートのフードコートでテキトーに、と物色しましたが惹かれるものが無く・・・
結局タクシーに乗って以前お邪魔した“濟南鮮湯包”へ。前回の記事は
コチラ

店頭で待ちます 

お店に到着したのは19:30頃。
満席だったので店頭でしばし待機しつつ小籠包作りを眺めます。

メニュー 

15分ほど待ってテーブルへ案内されました。
メニューを見ると少し値上げした商品もあるみたいですね。
てか営業時間が20:30までだったんだ~。ギリ間に合いました。

濟南鮮湯包 

前回食べて美味しかったシラス炒飯と小籠包はマスト。
小籠包は出来るのに40分かかると言われたけど小菜の竹の子や空心菜、炒飯食べてたら、最後にアツアツが出てきて丁度良かったです。
高雄や台南でうすうす感じておりましたが、小籠包は台北のほうが断然美味しい!

テーマ:台湾旅行
ジャンル:旅行