FC2ブログ
海外&国内のお出かけ日記
夏のオーストラリア旅行~準備&出発編
2011年08月24日 (水) | 編集 |
JALの特典航空券は出発330日前の10時受付開始なのですが、例年通り10分前にJGCデスクに電話してもまったく繋がらず・・・。
結局電話が通じたのは10時5分過ぎ。こんな時間に大人気のハワイ線が残ってるはずもなく当然キャンセル待ちに。
このままキャン待ちすることも考えましたがハワイ線の機材が小さくなり特典航空券の枠が減っていることを考えて、その時間でも十分に空きがあったシドニー線のCクラスを押さえました。
またオーストラリアへの入国には電子ビザ(ETAS)が必要ですがJALから直接航空券を購入した場合は無料で取得可能でした。がっ!このサービスも昨年9月で終了(どんどん改悪されていく~)。
ただしETASは1年間有効。予約時点の9月で申し込んだので今回はギリギリセーフでございました。
それから悪名高き燃油サーチャージ。
予約した昨年9月は往復1人21,000円となんとか許せる範囲でしたが、今オーストラリアに行こうとすると往復で58,000円ですよ、奥さまっ!
いくらなんでもこれは高過ぎですよね~。
燃油サーチャージが落ち着くまでは近場のお出かけにしようと思います・・・

初めてのマッサージ♪ 

さてシドニー行きの出発時間は19:50。
夫が半休取って早めに出発したこともあってサクララウンジの無料マッサージを初めて受けることが出来ました~(嬉)。
マッサージはボディ・スカルプ・足つぼの3種類。
スカルプをお願いしたらベッドにうつ伏せになってのマッサージで頭以外に肩などもほぐして頂けました。
ただ10分で終了だったので物足りなさはありあり~。最低でも15分はお願いしたいところです。 

ラウンジで乾杯♪ 

マッサージを受けるまで1時間30分!の待ち時間があったのでラウンジのダイニングで遅めのランチ(爆)。
SoupStockの今月のスープはとうもろこしとさつま芋の冷たいスープに但馬牛すじと豆腐のチゲ。
手羽中の南蛮漬けやサラダと一緒に頂きます。スープおいしっ! 

ラウンジごはん 

ラウンジ名物のビーフカレーにうどん、お気に入りのメゾンカイザーのバケット&クロワッサンを頂きつつワインも堪能。
こんだけ食べたら機内食食べれないねー。

機内食 

しっかり機内でも頂いてました(爆)。
私は『街の洋食屋さん』をチョイス。

【洋食屋の前菜ボックス】
鴨フォアグラのテリーヌ・ドライビーフ・イベリコ豚のロースト ラビゴットソース・平政の燻製と夏野菜のミルフイユ仕立て・とうもろこしのクリームスープ・ガカモーレと海の幸 モッツァレラチーズのマリネ・夏野菜のマリネ・シャキシャキポテトサラダ・鮪のスモーク・海老のソテー 香草風味・蟹爪 

【メイン ディッシュ】
国産牛ハンバーグステーキ 黒胡椒入りスパイシーソース 

フレッシュサラダ・パン

ちんまりとしたおつまみが豊富なので酒飲みにはよろしいかと(笑)。
メインのハンバーグも普通に美味しかったです。

和食 

夫は和食をチョイス。
お酒を嗜んでいるとCAさんが気を利かせてご飯とお味噌汁は後から持ってきて下さいます(普通はね・爆)。

【松花堂】
鯛昆布〆 野菜添え・蒲鉾明太挟み・子持ちひじき・かぼすゼリー・鰆西京焼き・鯵南蛮漬け・大根胡麻和え・鶏角照焼き・香の物 

【台の物】
伊佐木 岩塩胡椒焼き。  

デザートなど 

デザートワゴンは無くなっていて1種類のみ。この日はケーキとアイスのプレートでした。
食後は映画『アジャストメント』を視聴。
マット・ディモン主演なのでアクション映画かと思っていたら、ちょっと風変わりなラブストーリーで、それなりに楽しめました。
この日は2時間くらい眠れたのかな?
目が覚めたら朝食タイムだったけど食欲が無かったのでアイスクリームを所望。機内で食べるアイスってホント美味しいよね~。
そうこうしてるうちにシドニー空港に到着です!

テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
オーストラリアからただいま!
2011年08月20日 (土) | 編集 |
メルボルン 

昨日夕方、成田空港に到着しました。
前日東京の最高気温が35℃くらいとの情報だったので覚悟していたら、到着前の機内アナウンスでは現地気温が22℃と!
冗談じゃないよね??と思っていたら大雨で気温が急に下がったんですね。我が家は涼しい場所から戻ってきたので気温差が少なく良かったのですが、こんなに違ったら体がビックリしちゃいますよね~。

さて今回の旅行ですがメルボルンをメインにして、乗り継ぎの関係でシドニーにもちょっと寄ってきました。
お初のメルボルンはシドニーとそう変わりないんじゃないかと思っていたのですが、ヨーロッパのような趣のある雰囲気でシドニーとは全然違います。
街中にはビッシリとカフェがあり路地はテーブルで埋め尽くされていて、どのカフェもたくさんのお客さん。メルボルンの人は1日に何杯コーヒー飲んでるの?という感じです。
メルボルンでは蒸気機関車に乗ったり、ワイナリー行ったり、シティ内で野生のペンギンを探したりと忙しかったので、カフェでくつろいだのはたった1回だけだったのが残念。
メルボルン住んでたらホント、カフェブログ始めたいくらい素敵カフェがいっぱいでした。
記憶が新しいうちにメルボルン報告を始めたいと思います♪
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行