FC2ブログ
海外&国内のお出かけ日記
伊芸SA@沖縄
2010年04月26日 (月) | 編集 |
伊芸SA 

今回の沖縄旅行はJALツアー(フリープラン)を利用しました。
ツアーのほうがお得と言っても都合の良い時間帯にすると差額が必要になって、あまりお得でなくなることもあるので、ケチな我が家は差額のかからない時間帯で滞在時間が一番長くなる便で往復とも予約。
なので初日の沖縄到着は14時頃と少々ハンパな時間帯。機内で空弁は食べましたが沖縄自動車道を本島北部へ向かって車を走らせていたら小腹が空いてきちゃいました。
時間のロスを少なくしたいので日本最南端、そして沖縄唯一のサービスエリアである伊芸SAに寄り道♪

食堂 

食堂入り口で食券を購入して中へ。
殺風景だけど全面ガラス張りなので店内は明るい雰囲気です。

アグーしゃぶそば 

アグーしゃぶそば(650円)。
豚骨スープに沖縄そばのコシのある細麺。アグー豚のしゃぶ肉がたっぷり入っています。
思ったよりアッサリしていてあっという間に平らげました。

沖縄そば 

沖縄そば(650円)。割り箸がキュートですね(笑)。
こちらは三枚肉だけじゃなくてソーキ(豚あばら肉)も入っていて、注文時にかつおだしか豚骨スープかを選ぶことが出来ます。
かつおだしにしたけど、こちらも普通に美味しかったです。

かりゆし門 

食後はSA内をお散歩♪
こちらはは2000年に開催された九州・沖縄サミットに併せて作られた『かりゆし門』。琉球石灰岩で作られたアーチ型の門をくぐると・・・

植物園 

ちょっとした植物園の様になっていて、ここには沖縄で見ることのできる植物が植えられています。
また奥にはサミットの際に沖縄を訪れた各国首脳のサインと顔写真が書かれたレリーフがありました。

展望台 

金武湾を一望できる「物見台」。
この物見台には望遠鏡も据え付けられていて、しかも無料なので自由にのぞくことができます。太っ腹!

金武湾 

金武湾をはさんで海中道路の真っ赤な橋や平安座島、宮城島島、 伊計島が連なるパノラマが一望することができます。
今まで沖縄自動車道のPAやSAに立ち寄ることがなかったのですが、こんな絶景ポイントがあったんですね~。
沖縄のサービスエリア、意外に侮れません!
テーマ:沖縄旅行
ジャンル:旅行
木村拓也コーチ追悼試合@東京ドーム
2010年04月25日 (日) | 編集 |
献花台 

昨日は4月7日、くも膜下出血のため37歳の若さで亡くなられた木村拓也コーチの追悼試合が行われました。
この日、東京ドーム前には献花台が設置されており、後ろのモニターでは木村コーチの思い出のシーンが流れています。
試合開始の1時間前に到着したのですが最後尾が何処か分からないほどの長蛇の列!ここで並んでしまうと追悼セレモニーに間に合わなくなる可能性もあるため献花は泣く泣く諦めました・・・

メッセージボード 

この日の入場者全員に木村コーチへのメッセージボードが渡されました。
メッセージボード裏は写真とともに、応援歌や略歴、生涯成績などが印刷されています。

追悼セレモニー 

試合開始前の追悼セレモニー。
まずは木村コーチの勇姿を振り返る映像がオーロラビジョンで流されました。なんといっても昨年急遽キャッチャーを務めたシーンは印象的。あの人懐こい笑顔が忘れられません。

両軍ベンチ前に整列します 

試合中は読売ジャイアンツと木村コーチが11年間在籍した広島カープの半旗が掲げられ、両チームとも左袖に喪章をつけています。
ベンチ前に整列した両チームの監督、コーチ、そして選手達と一緒にスタンドのファンも全員起立して黙とうをささげました。

メッセージボードを掲げます

黙とうの後は一斉にメッセージボードを掲げ、木村コーチ現役時代の応援歌を熱唱。

この日のゲームですが追悼試合の日程が決まってからチケットをチェックしたので、その時点で既にジャイアンツ側はソールドアウト。
仕方なくビジター側の席を取ったのですが内野席ということもあって周りはほぼジャイアンツファン。広島県人会の皆さんはちょこちょこいらっしゃる程度だったので安心しました。

始球式 

そして始球式は木村コーチの長男、恒希(こうき)君、10歳。
現役時代につけていた背番号「0」のユニホーム姿で阿部捕手めがけて見事、ストライクのボールを投げ込んだときはドーム内は大歓声!そして割れんばかりの拍手が恒希君に送られます。涙を堪えきれずウルウルしてたら周りからもすすり泣きが・・・。

こんな普通の状態じゃ無い雰囲気で始まったゲームですが、両チームとも木村コーチのために絶対勝ちたい!という気持ちが伝わってくるような熱戦が繰り広げられます。
特に印象に残ったのが小笠原選手がファールボールを追っかけてエキサイトシートに飛び込むプレー。すぐに起き上がることが出来なくて心配してしまいましたが、ガッツ溢れるプレーに大きな拍手!

谷選手の逆転満塁ホームラン! 

そして2対3の巨人ビハインドで迎えた8回裏。柔ちゃんを妻に持つ谷選手がなんと代打逆転満塁ホームラン!!!
こんなドラマチックな展開になるなんて目に見えない力ってあるんですね(木村コーチがお膳立てしてくれたのかも)。
こんな事が起こるから本当に野球って面白い。 以前ヒーローインタビューで木村コーチが『勝っても負けても野球は楽しいです!』と言ってたことを思い出しました。

ヒーローインタビュー 

ヒーローインタビューはもちろん谷選手。
木村コーチとはアテネ五輪で一緒に戦い、時をほぼ同じくしてジャイアンツに移籍してきた同い年の2人。
インタビュー中に言葉を詰まらせ涙を流す谷選手の様子が伝わってきて、またうるうる~。この日の試合は一生忘れないと思います。

木村コーチへ。

天国でも野球を楽しんでいますか?
これからもご家族と、そして『一生懸命』プレーする選手を見守って下さいね。
みんなの心の中であなたはずっと生きています。
テーマ:読売ジャイアンツ
ジャンル:スポーツ